スーパー早期活用事例

 弁理士の杉浦です。当事務所では、スタートアップ企業様(ベンチャー企業)向けのサービスとして、スーパー早期を積極的に活用しております。

 2018年の実績として、3件、スーパー早期審査を活用させていただきました。 審査請求から特許査定までの期間は以下のとおりでした。

  • 案件1(生活雑貨):2ヶ月
  • 案件2(AI関係):1ヶ月+23日(54日)
  • 案件3(IoT関係):審判中

※上記内容はクライントから了承を得た内容を表示しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です