特許庁審判部「審判実務者研究会報告書2018」の発行のお知らせ

特許庁審判部から、「審判実務者研究会報告書2018」が発行されました。

当所の代表弁理士 杉浦健文は、特許庁審判実務者研究会報告書2018の意匠法(事例9、104~113頁)について、検討メンバーとして参加させていただきました。

その他の検討メンバーとしては、企業知財部、弁理士、弁護士、裁判官、審判官、調査官などです。これらの方々と検討し、内容をまとめたものとなります。

報告書は、特許庁のホームページからダウンロードすることができます。

https://www.jpo.go.jp/system/trial_appeal/info-sinposei_kentoukai2018.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です