意匠調査

ホーム » 業務内容 » 意匠 » 意匠調査

侵害予防調査

侵害予防調査とは、新製品を販売する前に、侵害抵触する可能性がある他社意匠を調査することをいいます。この調査をすることで、他社の意匠権の侵害をとなるのを未然に回避することができます。

当所の弁理士は、豊富な経験、知識およびノウハウを有しておりますので、高品質な調査結果をご提供できます。

先行意匠調査

先行意匠調査とは、意匠出願前に出願を予定している意匠が登録される可能性があるかどうかを判断するため、その判断に必要な資料(先行意匠)を発見する調査をいいます。

当所では、侵害予防調査とともに先行意匠調査を行うことが多いです。

無効資料調査

無効資料調査とは、意匠を無効とするための資料(証拠)を調査することをいいます。意匠権侵害で警告書が届いた場合又は意匠権侵害で訴えられた場合、その根拠となる意匠権を無効にするための資料を探します。

当所の弁理士は、豊富な経験、知識およびノウハウを有しており、幅広い範囲を調査することができます。意匠公報のみならず、特許公報、外国意匠公報、外国特許公報、雑誌、カタログ、インターネット記事、インターネットアーカイブ(Wayback Machine)などです。

意匠調査のご依頼

意匠調査のご依頼はお問い合わせからご連絡ください。