意匠戦略

ホーム » 業務内容 » 意匠 » 意匠戦略

知財ミックスによる意匠戦略

当所の代表弁理士杉浦健文は、特許と意匠、さらには商標に精通したIPエキスパートです。これらの知的財産をミックスした戦略をアドバイス致します。

 特許では権利化が難しいような場合もあります。そのようなときは、意匠での権利化をご提案します。

また、特許での権利化を目指しているときに、拒絶を回避するため、クレーム(特許請求の範囲)を減縮補正したような場合、出願変更による意匠出願をアドバイスします。

 今までは諦めていた権利範囲を、意匠であれば権利化できるかもしれません。特許と意匠に精通している弁理士だからこそ、特許で権利化できなかった部分を把握でき、その部分を意匠で権利させる方法をご提案できると考えます。

関連意匠及び部分意匠による意匠戦略

 当所では、一つの製品に対して1つの意匠のみをご提案することありません。想定される模倣品を想定しながら、複数の関連意匠をクロスさせ、関連意匠群を構築します。それにより、一つの製品を抜け目なくプロテクトする方法をご提案します。

 また、部分意匠制度を利用することで、限りなく無駄な範囲をそぎ落として、必要最低限の部分のみについて権利化することで、他社牽制力を強化する方法をアドバイスします。

国際意匠出願

 世界各国の意匠制度について経験豊富な弁理士が、国際意匠出願とその権利化についてアドバイスします。外国意匠制度の考慮した国内意匠出願(外国意匠対応の図面)をご提案します。