新しい意匠の意匠出願動向

ホーム » 意匠

令和 2 年4 月1 日に新しい意匠がスタートし、画像、建築物、内装の意匠が保護できるようになりましたが、特許庁より出願統計が発表されました。

画像(GUI,アイコン等
建築内装
出願件数1453487319
登録件数50021189
https://www.jpo.go.jp/system/design/gaiyo/seidogaiyo/document/isyou_kaisei_2019/shutsugan-jokyo.pdf

画像が意匠が圧倒的に出願件数が多いことから、ユーザの出願ニーズがあることが分かります。画像意匠はこれから増えると思います。UI、UXなどは特許でも保護できますが、特許よりも意匠の方が権利の取得のしやすく、コストも低廉です。

とはいえ、やはり特許で取得できる可能性があるようでしたら、まず特許でチャレンジした方が良いと考えます。これは、仮に特許で取得できなくても、特許図面に一工夫しておけば、後ほど意匠に出願変更できるからです。

当所ではこのような、特許×意匠 の出願戦略もご提案させていただきます。

特許庁審判部「審判実務者研究会報告書2018」の発行のお知らせ

ホーム » 意匠

特許庁審判部から、「審判実務者研究会報告書2018」が発行されました。

当所の代表弁理士 杉浦健文は、特許庁審判実務者研究会報告書2018の意匠法(事例9、104~113頁)について、検討メンバーとして参加させていただきました。

その他の検討メンバーとしては、企業知財部、弁理士、弁護士、裁判官、審判官、調査官などです。これらの方々と検討し、内容をまとめたものとなります。

報告書は、特許庁のホームページからダウンロードすることができます。

https://www.jpo.go.jp/system/trial_appeal/info-sinposei_kentoukai2018.html